大学生の一人暮らしにかかる費用を教えます!!

春になって、環境の変わり目、一人暮らしを始めようと考えている人が多くいると思います。


そんなあなたのために!

 

実際に一人暮らしにかかる費用を教えたいと思います。

 

どのくらいのお金がかかるのか、不安に思っている

でしょう。色々な記事を読んだり、人に話を聞いたりして、

情報を収集していることでしょう。

 

他の記事で紹介されている金額は、だいたい平均的な費用を

紹介していると思います。

 

都内の1Kであれば相場の家賃がこのぐらいで、光熱費の平均がこのぐらいで、

交際費がこのぐらいで、のように、、、

 

でもなんかこういう書き方ってリアルな感じがなくないですか?

 

だから、具体例の1つであるお前はどうなん?ということを

書きたいと思います。

 

つまり、私自身が実際にどのくらいのお金がかかっているのかを

紹介していきたいと思います。

 

 

 

家賃

私の住んでいる賃貸はだいたい家賃と公益費を

合わせて月6万円(1K、セパレート)

私は京都在住なのでこの程度ですが、都内在住の場合は

もっとかかるでしょう。

 

光熱費

電気代が月で約2500円、ガス代が月で約2000円、水道代が2ヶ月で約3000円

 

合計すると、1ヶ月で約6000円

 

食費

月にだいたい35000円ぐらいでしょうか。

朝昼夜の内訳はどうなっているのかというと、

 

朝ご飯は食べないことが多いので、一日平均で50円ほど。

 

お昼ご飯は一日平均500円ぐらいです。

 

夜ご飯が1日平均でだいたい600円ほどですかね。

 

1500+15000+18000=34500、とまあ、後付け感はありますが笑

 

ちなみにですね、晩ご飯代は、飲み会や、高めの外食の費用も

計上しています。飲み会で3000円、外食2000円というふうに

 

贅沢?している日もあれば、自炊している日もあります。

平均すれば600円ぐらいということです。

 

やっぱり、自炊は圧倒的に安いですねー。笑

一食200円ぐらいに収まります。

 

ここまでがだいたい固定されている費用ですね。

 

交通費

月によってだいぶ変わりますが、まあ月3000円くらいですかね。

遠出して遊ぶ日が多かった日は5000円を余裕で超えてしまいますが、

 

生活用品代

シャンプーとか、石鹸とか、ティッシュとかですね。

これは一人暮らしだとそんなに消費しないので、

平均しても月1000円とかですね。

 

娯楽費

この項目が一番個人差あると思うんですけど、、

 

私はあまり趣味という趣味がないので、しいて言えば読書。

だから書籍代が月5000円とかですかね。

あとは、オシャレ代?かな。服とかアクセサリーとか

 

服とかは季節ごとにまとめて買うので、月にかかる費用に入れて計算

するとややこしいので省きます。

 

毎月のランニングコスト、服とかは貯金から差し引くという感じの

扱いにしています。

 

合計

合計すると、一月で約11万円くらいですね、

私は大学生で仕送りで10万円ほどいただいているので、

月にバイトで3万円ほど稼げば、生活は余裕ですし、

 

服とかを買うための貯金もできるかな、といった具合です。

 

どうでしょうか?少しは役に立ちましたか?

削れるとしたら、食費ですね笑

 

友達に、食費が月一万円代という人もいますし。

私は食べるのが好きなので削りませんが、笑

 

参考にしていただけたら幸いです。

東京医科大から見る得点調整の是非、いいこと?悪いこと?

最近のホットニュースである東京医科大の

入試における女子生徒の受験生の点数の

一律減点の問題ですが、

 

果たしてこれはそれほど避難されることでしょうか?

 

この書き方からもわかるように私はそれほど

悪いことではないと考えています。

 

誤解を招きそうなので言っておきますが、

私は女性差別を肯定するわけでも、女性を

低く見ているわけでもありません。

 

世間では、批判的な見方が多いですが、それは

公平性という観点からしかその事実を見ていない

からではないでしょうか?

 

は?入試なんだから公平性は保たれるべきに決まってるじゃないか

 

もちろん、極力公平性は保たれるべきですが、必ずしも

公平性に一番重い価値を与えなければならないという

わけではありません。

 

そもそも大学入試の目的はなんなのか?

 

簡単ですよ。大学が欲しい生徒を通して、いらない生徒を落とすことです。

 

だからこの場合で言えば、女子生徒は東京医科大にとって

相対的に「いらない」わけですよ。

 

大学、特に私立大学は独立機関であって公機関ではない。

 

世間の言うことを聞く必要もなければ、公平に物事を進める

必要もない。

 

何年もかけて入試を通して生徒を教育していくわけです。高いお金と

教授の叡智をかけて、

 

いらない生徒にそんなことするのは勿体無いわけですよ。

 

すなわち大学は合理性に基づいて行動指針を決定しているのです。

 

つまり、合理性という観点から見れば、得点調整(この事例でいうと、

女子生徒と4浪以上の男子生徒の一律減点)がもっともなものだった。

 

この合理性という観点を完璧に無視して、女子差別だ!男女平等に

すべきだ、などどという批判を投げるのはいささか滑稽である。

 

物事には多面性がある。一面だけを捉えて、ほかの側面を無視し、

すぐに結論を下すべきではない。

 

東京医科大は直接的な得点調整を行っているが、他大でも、間接的な

男女の人数調整が行われている。

 

例えば、女子生徒が選択することの多い生物などの科目を

受験科目から外したり、一般に女子生徒が苦手とする数学の

配点を高くするなど。

 

これを差別と言うならば、極論全ての配点の組み方さえも

批判する必要が出てくること理解しているのだろうか?

 

数学200点、英語100点、国語100点という配点を敷いている

大学があったとしよう。

 

この大学は明らかに数学を重視している。

じゃあ、数学のできない生徒を差別するのか!となるか?

 

大学の求める人物像に生徒が合わせるのは当たり前である。

なぜなら生徒を選ぶのは大学だからである。

 

東京医科大の例で言えば、過去の進学状況から、受験者の

わりに女子生徒の進学者数が少ないこと、合格率が低いこと

はすぐにわかる。つまり、女子生徒がお呼びでないことは

明白であろう。

 

西川史子さんも女子受験者の一律減点は当たり前だと

主張している。

理由としては、「成績が上の人から取れば女性ばっかりに

なってしまい、眼科医と皮膚科医だらけになってしまう。」と

 

力の必要な医療行為も女性にはできないとのことです。

 

医療従事者からすれば男性のできることと、女性の

できることが違うということは明らかなのです。

 

男性の役割と女性の役割を分けることは

果たして差別なんでしょうか?

 

男女で人間としての価値は同じです。でもできることは

違います。それは厳然たる事実です。

 

得点調整は男女の役割を分けるという意味で意義あることと、

考えることができます。

 

まとめ 

まあ、こうしてつらつらと書いてきたわけですが、

もちろん批判的な意見の言わんとすることは理解できますよ。

 

そういう意見が存在するのももっともです。

ですが、私のような意見が存在することも知ってほしい。

 

自分の意見だけが、世間の意見だけが唯一無二の主張だと、

考えるのではなく、多様な意見が存在するし、メリットデメリットの

大きさはその人の主観によって変化しうる。

 

この事例で言えば、私は合理性におけるメリットが、公平性

におけるデメリットよりも 大きいと判断した。それだけのことです。

サラリーマンは投資で稼げるのか

投資で稼いでもっと生活を楽にしたい、

 

資産を増やして、より投資でお金を増やしたい、

 

そう考えるサラリーマンや大人の人は多いでしょう。

 

FX投資、株式投資、不動産投資、と色々耳にすることでしょう。最近では仮想通貨投資も人気ですね。

 

さて、この記事は年収1000万円以下ぐらいの人に

向けて書いていますが、その年収層の人が実際に

上記の投資で稼げるのか?それを順番に書いていきます。

 

株式投資

 まずは、みんな知ってる株式投資です。

大きな金額が必要だと考えているかもしれませんが、

 

最近では、ミニ株などの制度ができて、何千円、数万円から

投資が始められます。

 

さて、株式投資が稼げるのか?

 

この問いに対する問いは、稼げることもある、です。

 

ネット記事や書籍などで紹介されているチャートを

みる投資法や、テクニカルチャート、自己資本率などを

参考にした投資法では確実に稼ぐことはできません。

 

なぜ確実じゃないかというと、日本の平均年収ぐらい

の所得層の人の運用資金では、どうしても集中投資に

なってしまい、リスクヘッジができません。

 

集中投資というのは所有する株式を数個だけに集中

させる投資方法です。

 

しかし、どれかの株値が下がったとしても他の株値のプラス

でカバーできるように多くの種類の株式を所有しておく

分散投資をしておかないと、資産が元本を割るリスクを回避

できません。

 

また、現物株では、株式は値動きが小さいので、それほどの額を稼ぐことができません。その分損をしてもたかがしれて

います。

 

ちなみに株の本を読んだとか、知人に必勝法を聞いたとか、

そんな浅はかな知識で信用取引を行うのは絶対にやめたほうがいいです。借金をしかねません。

 

株で大きな借金をした、人生崩壊したみたいな話は、

ほとんどが信用取引によるものです。

 

株式投資でおこずかいを稼ぎたい、くらいのレベルでは

現物株だけにとどめましょう。

 

FX投資 

株に並んで有名なFX投資です。

 

FXも株と同じで少額から始められます。

しかしFXでもやはり確実に稼ぐのは難しいでしょう。

 

「FXで稼げる」みたいな謳い文句をよくきくでしょう

けど、確実に稼げる事なんてありません。

 

プロの投資家でさえ、株価の変動や為替の変動を

確実に読み切る事なんて到底できません。

 

だいたいこういう方向に動くだろう、その程度です。

 

FXはあまりオススメはできません。

 

ちなみに、じゃあ、なんで勝ち続けることができる投資家

がいるのか?そういう疑問はもちろんあるでしょう。

 

一応解説しておきます。

 

確実に勝つ投資家は、チャートや財務諸表などの一定の

条件から上がるであろう株は見つけられます。もちろん

その株が下がることもありますが、下がる確率はある程度

分かっています。

 

だから、「上がるであろう」類似の条件の株を大量に

買います。どの株が上がるか、どの株が下がるかは、わかりませんが全ての株のうち何個ぐらいが下がるのかはわかるのです。

こういう買い方をしているから全体としてプラスになるのです。

 

わかりやすい例でいうと、保険に似ています。

何十万人という保険加入者がいて、どの人が

事故にあうか、火災にあうか、亡くなってしまうのか、

それはわかりません。

 

でも事故にあう人の割合、確率、は分かっているのです。

だから、利益がマイナスになることもないのです。

保険会社が潰れた、なんて聞いたことないでしょう?

 

保険というビシネスは、計算され尽くしたビシネス

モデルなのです。

 

少しは確実に稼いでいるメカニズムが

わかってもらえましかね、

 

不動産投資 

 アパートや賃貸の経営などですね、

最近では主婦の方も不動産投資を行っています。

 

不動産は自己資本が少なくても銀行から融資を受けて、

投資を行えるので、1番のオススメです。

 

株やFXと違って不動産を所有して、貸し出して、

賃貸収入を得ることができるので、たとえ不動産自体の

価値が多少下がっても、元本を割ることは滅多にありません。

 

自己資本600万円で資産運用を考える場合を見て見ましょう。

銀行に預けていた場合

銀行に金利0.2%の定期預金で600万円を預けていた場合、年間利益は1万2000円にしかなりません。

賃貸経営を行った場合

一月の家賃収入を5万円、経費を家賃収入の20%とした

場合、年間家賃収入は60万円、経費は12万円。

年間収益は60ー12=48万円

600万円全てを自己資本で賄っている場合、銀行への

返済は0円なので、48万円全てが利益になります。

 

また、不動産投資が魅力的なのは、キャピタルゲインにかかる税金を先送りにできることです。

 

キャピタルゲインというのは不動産の購入、売却の差額

のことです。

 

500万円で買った物件を600万円で売却した場合、キャピタルゲインは100万円です。そしてこの100万円に税金がかかるわけですが、

 

物件を600万円で売却して、その600万円で新しい物件を

購入した場合、新しい600万円の物件を売却するまでは、

100万円にかかる税金を先送りにできます。

 

仮にその物件をずっと持ち続ける場合は、半永久的に

税金を払わなくてもよいわけです。

 

不動産投資がオススメな理由、わかってもらえましたでしょうかね、、

 

ビットコインなどの仮想通貨は基本的には、

FXと同様です。最近は価格が固定化してきたので、

お小遣い程度しか稼げないでしょうね。

 

まとめ

年収1000万円以下の場合、手取りで800万円以下、

生活費や住宅費などを差し引いていくと、運用できる資金

はせいぜい何百万のはずです。

 

その場合、この記事で説明したように、やはり、稼ぎたいなら、不動産投資をオススメします。

 

どれも手軽に始められますが、元本を割るリスクを

考えるとリスクも小さく、リターンの比較的大きい

不動産投資が良いでしょう。

 

いかがでしたか?是非資産運用を始める際の

参考にしていただければ幸いです。

〜大学受験〜D判定E判定でも大丈夫!は本当??

受験生の皆さんこんにちは

夏休みに入って勉強が本格的に

なってきたことでしょう。

 

この時期には、みんな各予備校の

模試を受けていっているはずです。

 

模試を受けるたびに合格判定が出るはずです。

まだまだこの時期の判定なんか気にする

必要ない。本当にそうですか?本当に夏の

秋の模試の判定を気にする必要はないですか?

 

学校の先生にこう言われませんか?「いまの時期

D判定E判定は当たり前、気にしなくてもいい」と

 

しかしですね、それは確実に受かる人の当たり前では

ありません。10回受けて10回受かる人は手堅く

A判定B判定を取ってきます。弱者の当たり前を

自分に当てはめて自分を慰めるのはやめましょう。

 

もちろん、判定が悪かったからといって、過度に気にして

落ち込んだりしろって言ってるわけではありません。

 

ただ私が言いたいのは、それを当たり前と思うな、と

いうことです。

 

E判定だった私が志望校に逆転合格!”みたいな話は

よく聞くと思います。笑

 

ネットの記事とか、予備校の合格体験記とかで多く

掲載されていると思います。

 

確かに勇気づけられる話ではありますよ。

でもE判定から合格した人がいるからと言って、

E判定でも全然受かるというわけではありませんよね、

 

A判定をとることには意味があります。

それは、その時点での実力で合格確率が90%を

超えているという証明であることはもちろんのこと、

 

自分にとっての成功経験になります。成功経験は自信

になります。

 

秋までにはまだまだ時間があります。

 

狙ってA判定をとってください。

 

物事には流れというものがあります。

 

やるべき勉強を仕上げ、狙ってA判定をとる。

 

自分は合格するんだという確信が生まれます。

 

E判定でも大丈夫なんて、確率の低い逆転合格を

みんなに目指させる無責任な発言です。

 

全然大丈夫ではありません。まずは、現状E判定

しか取れなかった、実力が足りなかった。

 

そのことを胸に刻んで、足りないことを自覚して

前に進んでください。

 

 

大学の教科書はメルカリで買ってアマゾンで売れ!

 

大学生の皆さん、学期はじめで履修が確定してきたら、

専門や一般教養科目の教科書買いますよね?

 

でも大学の専門書って馬鹿みたいに高いですよね、

どうせテスト前にちょっと使って、テストが

終われば一生使わないのに、、、笑

 

そんな教科書のために一冊3000円とか4000円

とか出しますか?

 

みんな生活費や遊びにそのお金使いたいはずです。

 

大学生協で買えば、市販で買うよりは

確かに10%OFFぐらいで買えますけど、

 

それでも十分高いですよね?

 

どうせ大して使わないんだから、新品か中古とか、

綺麗だとか汚いだとか、どうでも良くないですか?

 

コスパを考えましょうよ、コスパを、

 

例えば経済学の専門書、マンキュー経済学という

ミクロ経済学の専門書があります。

これ、アマゾンの新品、つまり定価で4000円

ぐらいするんですよ。

 

マンキュー経済学 I ミクロ編(第3版)

マンキュー経済学 I ミクロ編(第3版)

 

 

 これがなんと!メルカリでは2000円ぐらいで売っています。

 

2000円くらいもお得に買えます。

 

そしてですね、テストが終わっていらなくなったら、

次はアマゾンで売っちゃいましょう。

 

アマゾンのページに上から飛んでもらうとわかると思いますが、

中古だとマンキュー経済学がだいたい2000円ちょっとぐらいで

販売されています。

 

この売値から配達料や手数料が差し引かれますが、

1500〜円ぐらいになります。

 

今までの行程を振り返ると、お金でいえば2000ー1500=500円

しか失ってません。

 

いわば500円で教科書をレンタルしたのです。

 

このように大学の教科書を馬鹿正直に買うのはお金が勿体無いので、

ネットショッピングを利用してレンタルしちゃいましょう。

 

まとめ〜

大学の教科書はメルカリで売ってアマゾンで売れ!

場合によってはレンタルした挙句小銭が差額で

入ることもあります。

是非とも賢明なお金の使い方をしてください。

 

 

大学生がブログを書くべき3つの理由

本業の傍らに、副業としてブログを

やっている人や、ブログを始めようとして

いる人が多くいるでしょう。

 

今回は中でも、「大学生」がブログをやる

べき理由について書いていきたいと思います。

 

ブログに関して書かれた記事はいっぱいあります

が、収益化の方法など、PVを稼ぐ方法などばかり

だと思います。

 

ブログを始めたばかりの人や、ましてブログを

これから始める人にとってはブログで月何百万円の

収益!なんてのは夢物語にしか聞こえないと思います。

だからまずは収益以外にもブログには良いところが

あるよ!ってことをこの記事を通して感じ取って

もらえたらなって思ってます。

 

では、まず1つ目

タイピング速度UP!文章書くのが楽に!レポートが朝飯前に! 

 ブログを書いていると自然とタイピングの速度が

上がります。そうすれば文章を書くのも格段に楽

になりますし、次第に文章を書くのが楽しくなって

きます。

 

まずは自分の好きなことについて書くのが良いでしょう。分量の多めの記事を書いていると、字数を多く書くことに慣れてきます。

 

大学生の人は授業や学期末の課題でレポートが

よく出されるはずです。そして多くがwordで作成

しろ!みたいな指示が出るはずです。

 

2回生以上ならまだしも、1回生の大半は

今までパソコンなんて使ってこなかったという

人でしょう。

 

それがいきなりパソコンで何千字のレポート

書いてこいって言われても、は?無理やし?って

なることでしょう。

 

大学でも人差し指で授業中に頑張ってタイプして

いる人がたくさんいて可哀想だなあと思います笑

 

まあ、この記事を読んでくれているあなたには

そんなことに四苦八苦して欲しくないのです。

 

ブログを始めて、記事を書き慣れてくるとわかると思いますが、3000字程度のレポートなら、「なんだ、それだけか、余裕だな」くらいに感じます。まじで

 

文章を書き慣れる、タイピングに慣れるという意味で大学生には是非ブログを始めてほしいです。

 

お小遣い稼ぎにもなり得る

まあ、ブログを始めたいという人にとってはこっちの方が本命の目的かもしれませんが、

 

最初は収益を求めすぎない方がいいです。中には

最初からたくさんPVを稼げて、月に何万という収益を稼げる人もいるでしょうが、ほとんどの人はそう

うまくはいきません。

 

事実、収益を期待してブログを始める人は

たくさんいますが、その90%以上の人が

挫折してブログを辞めてしまいます。

 

だから過度に収益に期待しすぎない方がいいです。

お小遣い稼げたらラッキーだな、くらいに

思っていた方が精神的に楽です。

 

恥ずかしながら、私も全然収益がでていないのですが、

大学生にとって月1万くらい稼げたらかなり助かる

と思います。

 

多くの大学生が月に4〜5万程度アルバイトで

稼ぐと思いますが、月にブログで1万円稼げたら、

 

バイトで稼がなければならない金額も減って、

勉強する時間や、趣味に使える時間も増える

はずです。これまでどおりバイトをしてさらに

お金を稼ぐというのもいいでしょう。

 

月に1万程度なら、記事数をたくさん書いて

Google Adsense に登録していれば、稼げる

ようになるはずです。

 

月一万という金額は大学生にとってブログ

を始める十分なインセンティブになるのでは

ないでしょうか?

 

自分の意見を発信する力がつく 

 この情報化社会において、自分の意見を発信し、

伝える能力はとても重要です。

 

そしてその手段として、ブログは始めやすく

そこそこの伝達力があるのでいいでしょう。

 

Twitterなどは内輪だけになりがちなので

もう少し一般の人に向けたものがいいでしょう。

 

Twitterなどで社会的な影響力のある情報を

発信できるのは有名な芸能人や、政治家など

インフルエンサーだけです。

 

ブログを書いてみたらわかると思いますが、

自分の思考を文字におこして、わかりやすく

伝わるために文章にするのはなかなかに

難しいです。

 

しかし、文字というのは強力です。

インターネットが普及して現代でも

 

文字という媒体はこれからもしばらくは

大きな影響力を持ち続けるはずです。

 

文字で、文章で、情報を伝達するという

技術は様々な分野で重宝します。

 

大学生生活においても、就活においても

重要な能力になるので是非とも、ブログを

通してみにつけましょう。

 

〜まとめ〜

以上が大学生がブログをやるべき理由ですが、

大学生以外にも当てはまることは多いと

思います。

 

この記事を読んで、ブログを始めてくれる人が

一人でも増えたら嬉しいです。

はてなブログを始めて3ヶ月経ったので感想をつらつら書いてみた

はてなブログを始めて約3ヶ月が経過しましたので

感想を紹介していきたいと思います。

 

総記事数:18

総pv:484

 

ですね。

 

まあ端的にいうとpv全然伸びねwて

感じですね。

 

始めの1ヶ月はほとんどブログを更新して

いなかったので実質2ヶ月目から書き始めた

わけですが、なかなか伸びませんねぇ

 

記事数が増えた2ヶ月目からは月間pv

も3桁を超えるようになったのですが、

 

なんせ記事を定期的に更新するのが

キツイw

 

収益化なんて夢のまた夢って感じです。

 

ブログをやり始めた人のほとんどがすぐに

やめてしまうという統計にもうなづけます。

 

色々ネットですごいブロガーさんの記事

を読んで勉強してはいるんですが、

 

情報が多すぎて大変です。

 

私はTwitterFacebookなどで拡散したりして

いないので検索流入がほとんどです。

 

GoogleとYahooを合わせて90%を超えます。

 

これは良い傾向なのではないでしょうか?

 

まだ無料版はてなを使っており、SEO

いまいち理解していない新米ブロガーの

私ですが、なんとかpv数を増やして

収益化できたらなあと考えています。

 

よく始めて1ヶ月で何万pvとかいう

記事を見かけますが、ほとんどの方が

 

私みたいにスズメの涙ほどのpvしか

えられず苦しんでいるのではないでしょうか。

いやそうあってほしい笑

 

まあなぜこの記事を書いたかというと、

私みたいに駆け出しのブロガーで、

なかなか成長できない多くのブロガーの皆さん

 

も、私の記事を読んで、ああこんな

雑魚い奴もいるんだな、と安心して

 

一緒にブログを頑張っていきたいと

思ったからです。

 

自分よりも下がいるということ

を頭に入れて前向きに頑張りましょう笑

 

記事書きまくって記事数が増えれば

pv増えるでしょ、と楽観的に考えています。

 

とりあえず100記事を目標に頑張ろうと

思います。

 

幸せなブログ生活になりますように、、、